妊娠時に辛いのがつわり!少しでも和らげる為にも抑えておきたいコツ!

初めての出産 TOP
初めての出産 HOME 初めての出産 妊娠 初めての出産 出産祝い 初めての出産 子供服 初めての出産 LINK
 

「解決!初めての出産」 つわり

妊娠すると大半の人につわりの症状が起こります

つわり 月経の遅れから「もしかしたら妊娠?」気づき始める頃、同時に胃の不快感や吐き気を伴うつわりの症状が出始めます。つわりは程度の差こそあれ、ほとんどの妊婦さんが体験するものです。主な症状としては悪心や吐き気、嘔吐、倦怠感、頭痛などがあります。その程度は人によってかなりの違いがあります。
平均的につわりは妊娠4〜6週頃に始まり、12〜16週ごろまでには終わるといわれています。そして一番つらい時期は7〜9週ごろのようです。ただし、これはあくまでも一般論。時期や程度には個人により差ああります。10週ぐらいでおわる人もいれば、あかちゃんが生まれる寸前までつわりが続いたという人もいます。一方、妊娠中、まったくつわりを感じなかった人もいれば、つわりの間じゅうなにもすることができず寝こんでいた人もいます。

原因は妊娠そのもので身体が適応できないため

  • では、どうしてつわりが起こるのか、原因については今のところはっきりとしたものがわかっておりません。有力な説としては、妊娠すると子宮の中にできる絨毛からhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが多量に分泌されます。このホルモンは妊娠と同時に急激に増え、妊娠10週頃にピークを迎えます。やがてその後は分泌量が減少し、12〜16週には落ち着いてきます。どうやら、このホルモンの分泌時期が、つわりのひどい時期と重なる為、身体の機能が一時的に混乱を起し、嘔吐中枢を刺激してるのではないかと言われています。
  • また、人間には体の中に入ってきた異物を排除しようという働きがあります。妊娠も母体が胎児を体の中の異物とみなし、つわりもそれに対するアレルギー反応の1つとも考えられています。
    つわりは個人差があるものですが、精神的なものも強く関係します。たとえば、実家に帰り、気兼ねなく気ままに暮らしていれば元気になったり、入院をするだけで気分が楽になる人も多いようです。環境や家庭関係、赤ちゃんに対する思いなどが、自律神経のバランスを乱し、いわゆる自律神経失調症となるのではないかといわれています。
  • こうしたさまざまな説が言われていますが、多くの場合本当につらいのも1ヶ月前後で治りますから、あまり心配をすることはありません。つわりは妊娠したからこそ、起こるもので、これらの妊娠生活の第1関門というべきものです。いずれ時期がくれば、楽になると信じて乗り越えて行きましょう。
    たとえつわりが長引いても、何か好きなものを口にすることができ、定期検診で赤ちゃんが順調に育っているようであればとくに問題はありません。

    つわりがひどくて、体重も増えず、赤ちゃんにきちんと栄養が回っているか心配という妊婦さんが多いようですが、この時期に栄養は心配する心配する必要はありません。赤ちゃんへの栄養はお母さんより優先的に回っていますので大丈夫です。

食べたいものを食べ、水分補給をしっかりと

まず、つわりでつらいときは、栄養のバランスなどは気にせずに食べられるものを、食べたい時に、食べられるだけ食べましょう。つわりのことを英語で「モーニング シックネス」といいますが、これはとくに、朝起きた時の症状がつらいため。とりあえず、胃の中をおちつかせる意味で、クラッカーやビスケットなどを口にして、朝の準備をすすめましょう。
水分の補給も大切ですから、牛乳や麦茶、氷など好みのものをとりましょう。
  • おなかがすくと気持ちが悪くなりがちです。口当たりの良いものを食べていきましょう。つわりのときには果物が好まれるようですが、これも個人差があり、オレンジがダメでもトマトは大丈夫だったというように、食に対する好みや傾向にも変化が見られます。食事も無理に食べようとすると、そのプレッシャーで余計に気分が悪くなったりします。ずっと家にいて、つわりのことばかり考えていると。これもまた、よけいにつわりがひどく感じられるでしょう。
    水分補給
  • 食欲がなく、食べるのもつらいときは、とくに料理がつらいもの。夫との外食もいいと思います。自分で作る料理は食べられなくても外食ならなんとか食べれたという人がいるもの、それほどつわりが精神的な影響をうけやすいということでしょう。
  • 上手な気分転換もつわりを軽減するよう方法です。お友達と電話で話したり、赤ちゃん用品の買い物にいったり、ちょっと近所への散歩も、けっこう新たな発見があるものです。

      働いている妊婦さんにとって、つわりはたいへんかもしれません。通勤は時差出勤ができればそれがいちばんのぞましいのですが、難しいようであれば、ラッシュのピークを避けたり、途中駅で休みながら行きましょう。また、電車の中ではアメをなめたり、音楽を聴くなど、自分なりの気分の紛らわし方を探してみてはどうでしょう。出産祝いに何をもらえるか想像するのもワクワクして良い気分転換になりますよ。

(免責事項)

当管理人は、本サービスの各種情報の提供、遅滞、変更、中止、停止、もしくは廃止、その他にて発信されている情報などに関連して発生したお客様、または第三者の損害について、一切の責任を負わないものとします。また、本サービスのご利用は、全てお客様の責任において行われるものとします。
当管理人は当管理人サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等については、一切の責任を負わないものとします。リンク先のウェブサイトは、そのウェブサイトが 掲げる条件に従い、お客様ご自身の責任においてご利用下さい。
「解決!初めての出産」が紹介しているウェブサイトやなどの情報は、その内容について一切の保証を致しかねます。
また「解決!初めての出産」の閲覧、情報の利用はすべて自己責任でお願いします。

初めての出産 妊娠がわかったら
初めての出産 気をつける点
初めての出産 妊娠時の食事
初めての出産 つわり
初めての出産 旦那さんが出来ること
ベビーカー
チャイルドシート
プリザーブドフラワー