妊娠時は、胎児の栄養補給も必要に!食事にも気を使いましょう!

初めての出産 TOP
初めての出産 HOME 初めての出産 妊娠 初めての出産 出産祝い 初めての出産 子供服 初めての出産 LINK
 

「解決!初めての出産」 妊娠中の食事

妊娠中にオススメの食べ物

中医学的な視点から、妊娠前・妊娠中にオススメの食べ物を表にまとめました。妊娠前・妊娠中には“脾”“腎”“血”と呼ばれる要素を大事にするとよいと言われています。そこで“脾”“腎”“血”を補う食材を紹介します。また“安胎”と言って胎児を安定させるのによい食材もあげておきます。

脾を補う

ナツメ リンゴ 鶏肉 山芋 きんかん 雑穀類(丸麦 高きび もちあわ ひえなど)

腎を補う

黒ごま 黒豆 黒米 山芋 きくらげ 枸杞(くこ)の実 海老(桜エビなど手軽で良い) ニラ

血を補う

ナツメ 枸杞(くこ)の実 きくらげ 牡蠣 レバー ほうれん草 等

安胎 

シソ・レモン・ぶどうなど・・・・

葉酸を多く含む物 妊婦さんのみならず妊娠前から摂ってほしいミネラルです。胎児の成長を助け、染色体の異常を防ぐ働きがあります。

  • 枝豆  芽きゃべつ  アスパラガス トウミョウ(豆苗)  そらまめ  ブロッコリー 
    芽にんにく オクラ ほうれんそう 春菊 貝割れ大根 カリフラワー こまつな とうもろこし にら かぼちゃ 赤ピーマン バナナ など
たん白質
魚 肉(赤身) ヨーグルト 卵 納豆 
鉄分
ごま 納豆 牛ヒレ肉、レバー(初期は食べ過ぎに注意!)委、ひじき、牡蠣、シジミ ほうれん草 小松菜 大根の葉など
カルシウム
豆腐 胡麻 納豆 ジャコ、ひじき 桜エビ、小松菜、ヨーグルト チーズ 牛乳など>
便秘を防ぐもの
ほうれん草 おから、納豆 きな粉 ゴボウ ブロッコリー わかめ 寒天 大根、プルーン バナナ キノコ類、ヨーグルト、蜂蜜、松の実 クルミ 雑穀類 納豆など

妊娠前・妊娠中に摂りすぎない方がよいもの

  1. 1)たばこ:胎児の成長を妨げると言います。
    避けるように心がけてください
  2. 2)アルコール:胎児への影響を考え
    料理に使う程度までにして下さい。飲酒は論外。
    すべて赤ちゃんへの悪影響になります
  3. 3)カフェイン:コーヒーや緑茶・紅茶など
    1日2,3杯くらいまでにしましょう。
    番茶や麦茶の方がカフェインは少ないです。
  4.  
  5. 4)その他:極端な偏食も避けましょう。

(食べ方も工夫しましょう)

アイスクリームや冷たいお茶やジュース、西瓜、冷麺ばかりを食べると身体を極端に冷やすことになります。
逆に大量の唐辛子や、油っこいもの、ニンニク ニラ、胡椒や山椒、シナモンなどスパイス類を多用すると、身体に“湿熱”が溜まりやすいので避けた方がよいでしょう。もちろん、食欲増進のために少量を掛ける程度なら大丈夫です。
また、身体を温める温熱性の食べ物を食べるときは、身体を冷やす働きのある物と組み合わせるように心がけましょう。
体を温める食材
生薬や、スパイス類や動物の肉などの多くが温熱性を持っています
これらは主にからだを温め、気や血を通じさせ、身体の働きを高めます。
寒邪によるかぜ(寒さにあたり、邪気が体に入り、悪寒、体が痛み、汗が出ないなどが主症状)の時にも使われます。

温熱性

胡椒 唐辛子 花椒(中国の山椒) 羊肉 くるみ 鶏肉 えび ニンニク
生姜 ねぎ ニラ 黒糖 桃 高麗人参 肉桂 紅花など


(免責事項)

当管理人は、本サービスの各種情報の提供、遅滞、変更、中止、停止、もしくは廃止、その他にて発信されている情報などに関連して発生したお客様、または第三者の損害について、一切の責任を負わないものとします。また、本サービスのご利用は、全てお客様の責任において行われるものとします。
当管理人は当管理人サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等については、一切の責任を負わないものとします。リンク先のウェブサイトは、そのウェブサイトが 掲げる条件に従い、お客様ご自身の責任においてご利用下さい。
「解決!初めての出産」が紹介しているウェブサイトやなどの情報は、その内容について一切の保証を致しかねます。
また「解決!初めての出産」の閲覧、情報の利用はすべて自己責任でお願いします。

初めての出産 妊娠がわかったら
初めての出産 気をつける点
初めての出産 妊娠時の食事
初めての出産 つわり
初めての出産 旦那さんが出来ること
ベビーカー
チャイルドシート
プリザーブドフラワー